データ 復元業者選びは大変重要です。 大切なデータや、個人情報がハードディスクには残っているため、価格だけで業者を選ぶとトラブルになる可能性があります。料金は高ければ安心というのも誤解ですが、価格と信頼のバランスが重要だと思います。普段、あまり利用することのないデータ復元業者をどのようにして選んだら良いのか?!これまで数千台のパソコンやサーバーのシステム管理やサポート業務を行ってきた管理人が、実際に利用してきた業者の特徴と比較、またトラブル事例などを紹介していますので、検討の参考にしてみてください。

オススメ情報

おすすめ人気ランキング1位

当サイト管理人のNO1おすすめ業者はデータピット.comです。
私が初めてデータ復元サービスを利用したのは、
今から11年前にくらいになりますが、
その当時は数社のデータ復元業者しかありませんでした。

その頃からデータ業界の標準価格にくらべて最安値の業者であり、
実績・顧客対応ともに高ポイントです。

パソコンにトラブルが発生し、 ハードディスクのデータ復元が必要なときに、
まず最初に相談するのはここですね


おすすめ人気ランキング2位

ワイイーデータのオントラック。
現在は情報セキュリティ事業部となっている。

オントラックの名称が一般的。

法人での申し込みの場合、
料金はえらく高い。

RAID構成のLINUX系ファイルシステムを使った
バッファロー製のリンクステーションなどの場合、
100万円越えをすることも珍しくない・・・。



アドバンスデザイン

アドバンスデザインは創業は1995年。
オントラック同様にデータ復旧業界では老舗になる。

このアドバンスデザインは主に、
バッファロー製のハードディスク(HDD)、RAID、NASの
データ復旧をメインに行っている。


データ復元業者比較|新着記事

  1. フォーマットとパーティション!その関係性とエラーメッセージ
  2. 日本データ復旧サービスセンターの評判は?AOSが運営するデータ119サービスの口コミと評価は?
  3. 株式会社リプ●スのウィング●ット特急データ復旧60分というサービスってどう?
  4. ハードディスクの物理障害!データ復旧サービスの相場は?
  5. ハードディスク(HDD)の寿命はどれくらい!?
  6. 「フォーマットする必要があります」などフォーマットに関するメッセージが出た時やってはいけない事!!
  7. パソコンの電源が入らず・・故障!?必見!パソコントラブル時のチェック方法
  8. ブルースクリーン(ストップエラー)が発生!ある日突然パソコンの画面が真っ青になったら・・・
  9. セーフモードでも起動しない!?その時考える2者択一の選択とは
  10. パソコン画面の警告メーセージ「フォーマットされていません。」「今すぐフォーマットしますか?」をみても慌てない対処法
  11. データ復元サービスはワンチャンス!?
  12. 物理フォーマットと論理フォーマットの違いとは?
  13. オントラック
  14. アドバンスデザイン
  15. ネットの副業初心者でもちゃっかり儲けるテクニックとは?
  16. データ復旧サービスのブレインネットワーク
  17. 起動選択画面が表示されてセーフモードでも立ち上がらない
  18. データ復元作業を自分で行う場合の注意点
  19. ゴミ箱 復元するときに注意すべきポイント
  20. ハードディスクの開封確認

パソコンの故障とトラブル。そのときは、どうしたらいい!?

パソコンを使っていると、どうしてもトラブルはつきものです。

よく冷蔵庫などの家電と比較して、パソコンは壊れやすいと言っている人がいますが、それは半分正解で半分、間違っています。

パソコンはデータやプログラム、インターネットやメールの作成をしなければ、家電と同じように長持ちするでしょう。ですが、そういう訳にはいきません。そもそも、プログラムのインストールやデータ作成、デジカメ画像の保存、インターネットでの検索やメールの送受信を行わなければ、利用する意味がないからです。

なので、単純な機能を反復するだけの家電と違って、パソコンは精密機器でありながら、使用が過酷になってしまうわけです。

ましてや、内臓されているハードディスクは磁場や、静電気、そしてホコリや熱に弱いといった弱点があります。そのため気候が安定している季節よりも夏場に障害が発生しやすくなります。

さらに、ハードディスクは年々、その保存容量(データ保管容量)を増加させて、かつて数年前は数GBだったのに、いまでは2TB(1GBの200倍)を超えるハーディスクも珍しくなくなりました。

このように大容量化して久しいですが、明らかに250GBを超え始めたころから、ハードディスクの寿命が顕著に短くなっています。

これは、モーターなどの発熱の増加とともに、ヘッドの高機能化の弊害でしょう。またより高密度化したプラッター記録面の弊害でもあります。

このようなハードディスクに内臓されている機械の精密機器が壊れやすくなっている一方で、利用者の人為的なトラブルも年々、増えています。

例えば、ウィルス感染は代表的なものでしょう。
本来、ウィルス対策ソフトを利用し、インターネットやメールでも、おかしなサイトやメールを開くことがなければ、トラブルにはなりません。

また、ウィルストラブル以外にも、誤って大事な会社の資料(ワードやエクセル、研究データ)を削除してしまったり、産まれてきた子供の成長記録、家族の思い出の写真などをバックアップしたつもりで削除してしまうケースも良くあります。
さらに、他のハードディスクをフォーマットするつもりで、間違って大事なデータが保存されているハードディスクをフォーマットをしてしまった、という人も少なくありません。

このような人為的な操作の誤りは、特に男性が多く、女性に少ない傾向があります。

パソコンを使うにあたり、操作に慎重な女性に対し、パソコンに慣れている男性ほど、自分でトラブルを作ってしまう傾向があります。過信がもたらすトラブルといって良いでしょう。

どのような場合でも、2次災害、3次災害とならないように、必要以外の操作はストップし、データが必要な場合には、速やかにデータ復元サービスを利用するのが賢明です。得てして男性は障害が悪化するまで、ドンドン、誤った操作を続ける傾向があるので特に要注意です。

尚、データが必要ない場合には、ハードディスクを交換後、初期化リカバリーすることで、ウィンドウズが起動できるようになるケースがほとんです。

但し、近年のリカバリーツールは、CDやDVDでは配布されておらず、ほとんどメーカーがハードディスクにリカバリー領域を用意しています。

そのためハードディスクに障害が発生すると、そもそもリカバリーさえ出来ない状況になります。

この場合は、メーカーに相談し、パソコンを本体を送り、メーカー側でハードディスクを新品のものに交換してもらい、初期化リカバリーしてもらいましょう。

再度の注意点としては、メーカーでの初期化リカバリーは保存データが消失します。工場出荷状態になるので注意が必要です。

そのためデータが必要が場合、決して、自分でもメーカーでもリカバリーやフォーマットはしないように気を付ける必要があります。