「ウィンドウズ7」は延長サポートが2020年1月14日に終了が予告されています。ウイルス対策などの緊急パッチは配布、ダウンロードできなくなります。

そのためマイクロソフトは、基本ソフト(OS)を最新型のOSである「ウィンドウズ10」への移行準備を呼び掛けています。この「ウィンドウズ10」は8インチ以上のタブレット対応可能なこれまでのWINDOWSとは異なるコンセプトのOSです。

また2015年に発売され、Windows7や8.1のアップデートユーザー限定で無償アップグレードが開始され話題になりました。

「ウィンドウズ7」の延長サポートが2020年1月14日に終了することで、問題なのは、ハッキングやウィルス感染です。特に2020年には東京オリンピックが開催される年であり、ニュースなどに取り上げられやすいため、愉快犯などを含めてサイバー攻撃の標的にされやすい問題があります。

延長サポート終了後は

ヘルプ

Windows 7(ウィンドウズ セブン)の延長サポート終了後は、マイクロソフトから継続したセキュリテ対策の提供がなくなります。

つまり、OSの不具合やウィルスに対して新たな脆弱性が発見された場合でも、基本的にはセキュリテ対策がOS側ではされません。

過去、あまりの問題に、マイクロソフト側が緊急対応した事例がありますが、あくまで例外的であり、基本的には脆弱性は補完されません。

そのためマルウェアやウィルスからパソコンへの攻撃を防ぐことが困難になります。
また、Windows 7(ウィンドウズ セブン)以外でも、Windows 8.1は2023年1月10日にサポートが終了となることが決定しています。

Windows 7(ウィンドウズ セブン)とは

Windows 7(ウィンドウズ セブン)は、マイクロソフトが2009年にリリースしたオペレーティングシステム (OS) です。既に初回リリースから9年が経過しており、平均して5年以上経過したOSです。

2018年時点では、過去最高の販売本数を記録したOSであり、安定した稼働で評価が高いOSです。

延長サポート終了後のトラブル

パソコントラブル発生

一般的には、「パソコンが起動しない」とか「ウィンドウズが起動しない」といったトラブルに目が向きがちですが、そのような深刻なトラブル以外にも大変なことがあります。

それが、アプリケーションプログラムのサポート終了です。

例えば、年賀状ソフトや会計ソフトで何かトラブルが発生してもカスタマーサポートの対応は

「OSは何をお使いですか?」
「ウィンドウズ7の場合、マイクロソフトのサポート終了に伴い、弊社アプリケーションプログラムのサポートも終了しています」
「新しいOSのパソコンを購入後、プリケーションプログラムをインストールし直してください」

といった答えが返ってきます。

このようなケースは、過去、ウィンドウズ98やMe、XPでも同様に起こったことであり、何も珍しいことではありません。

ウィンドウズ7やWindows 8の延長サポート終了は、プログラムやプリンター、無線機器などの周辺機器での影響の方が大きいのです。