フォーマットする必要があります
パソコン内蔵のハードディスクだけでなく、外付けハードディスクや、UBSメモリー、SDカードなどの場合でも、「フォーマットする必要があります」や「ドライブXのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」のメッセージが出ることがあります。

この「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか」というエラーメッセージはWindows7以降のOSで表示されるようになた警告です。

それ以前のOS,例えばWindowsXPやVISTAでは、「ドライブ(ローマ字)のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」というエラーメッセージでした。

でも、これらの記憶媒体は通常、メーカーの工場出荷時にはフォーマットされた状態で販売されていますので、使用者はフォーマットについては意識しないで使っているのが普通です。

たとえ、上のようなメッセージが出た場合は、表示される「NO イイエ」をクリックし、決して「YES ハイ」をクリックしないように注意して下さい。

データが消失するトラブルになる

というのも間違えて、「YES ハイ」をクリックすると、これまでの保管してあった大切なデータファイルがすべてなくなってしまいます。フォーマットをすると言うことは、対象の記憶媒体をすべてクリアーして初期化してしまう作業だからです。

ですから、もし「YES ハイ」をクリックすると、対象の記憶媒体に在ったデータがすべて初期化フォーマットされて、消えてしまいます。厳密に言えば消えていないのですが、データを探す目次が消えてしまうため、OSからはアクセスできなくなってしまいます。

一度クリックするともうどうにもならないことを認識して下さい。
なので、まずは「NO イイエ」をクリックしてそれから慎重に考えて下さい。

データ復元サービスの物理障害費用は30万円以上かかるケースが普通です。あなたは高額費用を支払って損をするつもりですか

既にデータ復元サービスを業者に依頼してしまった人は見ないでください。きっと後悔してしまうので・・・今、人気のデータ復旧業者はどこなの?

古いハードディスク(HDD)は特に危険

尚、物理的に損傷しているハードディスクなどの場合、フォーマットさえ途中で止まり、完全にフォーマットが出来ないケースもあります。

またプラッターの記録面やセクターに損傷がある場合、フォーマットが完了できないだけではなく、データそのものを破損するケースがあります。

通常、フォーマットだけではデータは残っているのですが、プラッターの記録面やセクター不良がある場合には、データ自体を損傷してしまうので、とても危険な行為なのです。

一部のパーテーションだけフォーマットエラーになるケースも

近頃は、技術の進歩が速く、記憶媒体の容量が過去の数百倍と非常に大きくなっていますので、一つの記憶媒体でも複数のパーティションに区切って、仮想的に複数の記憶媒体があるかのように使うことが可能です。

従って、パーティションごとに異なるOSをインストールして複数のOSのもとにパソコンを使うことができます。

また、他の方法として、パーティションを2個に分割して、第一パーティションは「OS専用」とし、第二パーティションは「データ専用」として使うことにすれば、OSに何か問題が起きてパソコンが起動できなくなった場合でも、「データ専用」の方は安全な状態で、障害発生のトラブル被害を少なくすることができます。

データが大切な場合には

いずれにしても、「フォーマットしますか?」に類するメッセージが出た時に「YES ハイ」をクリックすると、これまでのデータがすべて消去される恐れがありますので、充分注意して下さい。

必ず、「NO イイエ」をクリックしてから、パソコンの現在置かれている状況を慎重に考慮して、データ保存に関する態度をはっきりと決めてから、その後のパソコン操作を行なうようにして下さい。

データが大切な場合、そしてデータのバックアップを取っていない場合には、何もせずにデータ復元の専門会社に一度、相談してみた方が安全にデータを復元できるので良いでしょう。

このフォーマットエラーのトラブルは人為的なトラブルで2次災害が発生し、自分で復元できなくしてしまうケースが多いので特に注意が必要です。