フォーマットしますか
ハードディスクやUSB外付けHDD、SDカード、USBメモリー内のファイルを開こうと思ってクリックしてみても「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」など、画面に警告メッセージがでてきて驚いた経験がありませんか?

表示もWindowsVISTA以降のOSでは「フォーマットする必要があります」に変わっています。

エラーメッセージの表現内容は若干、違っていますが、「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」と「フォーマットする必要があります。」とは同じ意味で、エラー内容もまったく同じです。

OSのバージョンにより、警告メッセージが違っているだけです。

このときエラーメッセージを無視して操作しようとしても、「フォーマット」をしないとメディアを利用することができません。「はい」または「いいえ」のどちらかを選択する必要があります。

記録メディアの初期化

これはUSBメモリやHDDに問わず反応しません。

必要なファイルを開こうとしても、何らかのトラブルで読み取れない状態になっているとパソコンが「フォーマットしていません」と、誤って表示されるのです。

簡単に言えば、パソコン側が「あなた」に「記録メディアを使えるようにしますか?」と聞いてきているようなものです。

そのため間違ってもここで、簡単にYES「はい」を選択してはいけませよ。
大事なデータをメディアに保存していなければなんの問題もないのですが・・・

フォーマットするとどうなる?

バックアップの作業をしていない状態で「ファーマットしますか?」
「・・・してください」のメッセージに「はい」とクリックしてしまったら・・・
大事なデータがすべて消去されてしまいますよ。

そんな時は必ず「いいえ」を選んでください。

仮に「フォーマット」してもパソコンのメディアに使用できる状態になるので問題はないのですが・・・このフォーマット後、データを保存したりすると今までにファイルに保存していた大事な資料やデータ、あるいは家族の思い出の写真などが二度と開くことができなくなる可能性が高いのです。

初期化されるため、WindowsOS(オペレーションシステム)などからはアクセスすることも見ることも出来なくなります。

パソコンで仕事をしている人にとっては、死活問題になりかねません・・・

データ復元サービスの物理障害費用は30万円以上かかるケースが普通です。あなたは高額費用を支払って損をするつもりですか

既にデータ復元サービスを業者に依頼してしまった人は見ないでください。きっと後悔してしまうので・・・今、人気のデータ復旧業者はどこなの?

ファイルシステム形式

ハードディスクのパーテーション形式はMBRとGPTの2種類があります。

「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」とエラーが表示される場合、このMBRやGPTは正常であるケースがほとんどです。

しかし、パーテーションは存在していても、ファイルシステムが不明になっている訳です。

このファイルシステムには幾つか存在しますが、代表的なファイルシステムは下記の通りです。

  1. FAT16
  2. FAT32
  3. NTFS
  4. exFAT
  5. EXT2
  6. HFS+

フォーマットとは、このようなファイルシステムを決定する行為のことを指します。

ファイルシステムと記録メディアの関係

それぞれメリットやデメリットがあり、また記録メディアによって採用されているファイルシステムは違います。

例えば、
FAT16などはUSBメモリーやSDカードで多く採用されている方式です。
FAT32は少し古い外付けHDDやUSBメモリーでも採用されています。
NTFSはウィンドウズOSで使われています。
exFATは最新の大容量外付けハードディスクで採用されています。
EXT2はリナックス系OS,特にRAIDやNASで幅広く採用されています。
HFS+はマック系OS。

記録メディアの状態によってはデータが破壊される

さらに、PCだけに限らず外付けHDやUSBメモリなどの記録メディアでもユーザーが原因もわからないままいろんなところをいじってしまうと破壊されてしまい大変な結果になっています。

また、古いハードディスク(HDD)の場合、このフォーマットが致命的なエラーに発展することがあります。通常、フォーマットしただけでは、データ自体は記録メディアに残っています。

目次(Index)が見えなくなるため、OSからはアクセスできなくなっているのですが、古いハードディスクでバッドセクター(セクター不良)が発生している場合などには、データそのものを傷つけてしまい、専門のデータ復元業者でも復旧することが出来なくなります。

原本のデータが壊れていれば、復元してもデータは壊れているからです。

買い替えのできる記録メディアは代わりがありますが、保存してあった大事な大学の研究データーや仕事で使う見積もり書・請求書、決算会計データなど・・・また大事な友達との思い出や家族写真などをなくしてしまわないように注意が必要です。

2度と手に入らないデータもあれば、同じデータを作成するためには膨大な時間がかかるもの、さらに失くしてしまうと業務に差し支えるものなどがあるためです。

後で後悔しないように、異常メッセージがでてしまったら、まずは、専門のデータ復元業者に一度、連絡し相談することをおすすめします。