データ復元はワンチャンスか
お問合せいただくメールの中によくあるのが、「データ復元会社に電話で相談したら、データ復元はワンチャンスなので、スグに弊社に郵送ください」と云われたのですが、本当でしょうか?というものがあります。


これは、完全に業者側の営業トークです。

見積額がクルクルと変わる悪徳業者

スグに送ってもらい、データの復元を急いでいる顧客に対し、「半ば、脅しながら成約させる」テクニックです。このような受け答えをするサルベージ業者の多くは、技術力はあっても、営業、カスタマーサポートに問題がある業者に多い傾向があります。

どうも、このような会社は技術力があっても営業部隊が強引で、スマートではありません・・・。
さらに、「急いでいないので、データ復元サービスをキャンセルします」というと、

さっきまで30万円と言っていた見積りが、いきなり15万円になるという魔法を繰り出してきます。
でも、結局、15万円はとても高いので諦めますというと、ようやく引き下がる始末です。

そのため、まず気をつけることは、料金価格がホームページに記載のないデータ復元のソリューションサービスを提供している業者は利用しないことが第一です。しかし、残念ながら、それだけでは悪徳業者を見分けることには不十分かもしれません。

電話で問い合わせた時と料金が変わる悪徳業者

最近、多いのが電話では5万円といっていたのに持ち込みで調査してもらったら、見積額が50万円といわれたというケースが続出しているからです。

これは幾つかの理由がありますが、持ち込み修理はお客さん側が足元を見られやすいデメリットがあります。実は、データ復旧の多くのトラブルはお客さんがデータ復旧を急ぎ、業者の店舗に持ち込んだケースで多発しているからです。

データ復旧業者側は急ぎのお客さんなら、多少高く見積もりしても即決するだろうと踏んでいるケースが疑われます。

このようなトラブル事例は一見、大手のデータ復旧業者に見えるところでも頻発しているので特に注意が必要です。

データ復元サービスの物理障害費用は30万円以上かかるケースが普通です。あなたは高額費用を支払って損をするつもりですか

既にデータ復元サービスを業者に依頼してしまった人は見ないでください。きっと後悔してしまうので・・・今、人気のデータ復旧業者はどこなの?

お客さんを焦らすデータ復元業者

また、「ハードディスクのデータ復元はワンチャンスです」というフレーズを使う会社は絶対に注意が必要です。本来、ハードディスクのデータ復元はワンチャンスではありません。

ハードディスクを開封し、マジックで落書きしたり、ヘッドアクチュエーターを曲げたり、プラッター記録面をヤスリで擦れば、ワンチャンスですが、余程、ひどいことをしない限り、データ復元は可能です。デジタルで書かれたデータは悪質な作業をしない限り、記録面に残っているからです。

問題なのは、データ復元業者が丁寧に調査し、誠実に対応してくれるかどうかです。

そのためハードディスクの開封も、お客さんの許可なく、開封したりする業者は論外です。

昨今、データ復元業者の技術力や価格について、問合せがあるケースがありますが、それ以上に注意すべきなのは、誠実さ。顧客第一のスタンスなのかどうかです。

なので、結論としては、「ハードディスクのデータ復元はワンチャンスです」と云われたら、絶対に見積り調査に出してはいけません。後で泣きをみるかもしれません。