ハードディスクの開封画面

ハードディスクが物理的な障害がある場合、ハードディスクを開封する必要があることがあります。この場合、1度開封されると元には戻らないと思っておいた方が良いでしょう。

特にヘッドやモーターは壊れやすいものです。そのため使用年数や環境、使用状況によっては大変壊れやすくなります。ですが、ヘッドやモーターなどを交換するには、クリーンルームやクリーンブースが必要です。

その上で、ドナーディスクと呼ばれるハードディスクにパーツを移植し、データの復旧作業を行います。

一度、開封すると元には戻らないHDD

パソコンが起動しない、WINDOWSのロゴマークが表示されないなど、パソコンのトラブルが発生した場合、データ復元業者やパソコン修理業者に依頼することになるのが一般的ですが、その場合ハードディスクの開封の有無が重要な意味をもちます。

ハードディスクは精密に作られたもので、その組み立てはナノレベルまで及びます。髪の毛一本よりも細いレベルです。そのため作れるのだから元に戻せるだろうと思うのが普通ですが、実際には戻りません。

開封確認がない悪徳業者

戻らなくても、データに被害が及ばず、別な業者で見積り調査できる状態であれば問題ないのですが、中にはとんでもない業者がいて、マジックでデータが記録されている箇所に印をつけたり、組み立てがお粗末でネジがなかったりする業者もあります。さすがにそこまで露骨な業者は減りましたが、以前からそのような悪徳業者は幾つかあります。

この開封および組み立て作業が酷い場合、最悪、別の業者で調査することができず、高額なデータ復元料金を支払うか、諦めるかの2者択一になってしまいます。
そのため特に最初に調査を依頼するデータ復元業者選びは慎重に行いましょう。

トラブルを回避する上でも、ハードディスクを開封するのかどうか、事前に連絡をもらうようにした方が無難です。

もし、開封確認がない業者の場合、悪徳業者の可能性が極めて濃厚です。

データ復元サービスの物理障害費用は30万円以上かかるケースが普通です。あなたは高額費用を支払って損をするつもりですか

既にデータ復元サービスを業者に依頼してしまった人は見ないでください。きっと後悔してしまうので・・・今、人気のデータ復旧業者はどこなの?

開封前にわかる概算の見積額

というのも、ハードディスクを開封するということは、データ復旧業者では、物理障害と診断している前提があるからです。

今日現在、データ復旧サービス会社の多くは障害レベルと記録メディアの容量で料金が算出されます。

例えば、2TB容量のハードディスクで物理的な処置をしなければデータ復旧できないと診断されたと仮定しましょう。

この場合、業者によって費用は変わりますが、20万円から35万円程度の料金となる業者がほとんどです。

つまり、お客さんに、概算でも見積額を提示し、それだけ高額になるなら、復旧を希望しないとなれば、そもそも、ハードディスクを開封する必要性はないわけです。

ところが、「概算の見積額もハードディスクを開封してみなければ分からない!」というデータ復旧業者がいます。

これは、正しくは復旧できるかどうかは、「ハードディスクを開封してみなければ分からない」のであって、「概算の見積額は業者側は把握しています」。ところが、この金額提示もないまま、作業を続けたり、開封してしまう業者は、かなり悪質です。

2者択一になってしまう悪夢

自社で開封後、データを抽出し、高額な見積額をお客さんに提示した上で、記録面に傷をつけたり、ヘッダーの位置を調整し、電源ON時にキズがつく位置にされてしまった場合、高額な見積額を提示した業者でしか、データが復元できないからです。

他社で見積もりを出してもらいたくても、他社では復旧不可能な状態だからです。

このような場合、悪徳業者に泣く泣く、お金を支払いデータを復旧してもらうか・・・
またはデータ復旧を諦めるか・・・

この2者択一になってしまうのです。

あなたは大丈夫ですか?
データ復元会社の選び方を間違っていませんか?