DISK BOOT FAILURE
DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTERとパソコンの画面にエラー表示される場合、OSの起動時に必要なファイルが完全に削除されたかOSがみつからない時に表示されます。

MBRの損傷とウィルス感染

ハードディスク自体に問題が発生してブートに必要なファイルが損失された場合には新品のハードディスクに交換しOSを再インストールしなければならないケースがほとんどです。

但し、中にはOSのシステム領域に論理的な障害(MBRの損傷)が発生しているだけでの場合もあります。

またウィルスによりエラーが発生する場合があります。この場合はウィルスチェックをする必要があります。

ウィルスによりOSがブートに必要なファイルのみが損傷されたケースでは破損した必要なファイルのみをハードディスクにコピーするだけで復元できることがあります。

尚、下記のエラーメッセージの内容は基本的には同じ意味になります。

回復コンソールを使っての復元

回復コンソールを使っての「DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER」エラーの復元については、BIOSの画面にて、ファーストブートをCD-ROMにしてください。

通常、BIOSの設定では、ファーストブートはCD-ROMになっているはずですので確認してください。WindowsXPのディスクからCD BOOTして再セットアップもしくはセットアップメニューから選択します。「
Windowsの修復」で回復させることができるかもしれません。

Windows のセットアップ フロッピー ディスクまたは Windows の CD-ROM を使用してコンピュータを起動します。

[セットアップの開始] 画面で、F10 キーを押すか、R キー (修復) を押します。
次に回復コンソールを選択します。

1: C:\WINDOWS
どの Windows インストールにログオンしますか?
(取り消すには Enter キーを押してください)

該当する Windows インストールの番号を入力した後、Administrator アカウントのパスワードを入力するように求められます。 尚、誤ったパスワードを 3 回入力すると、Windows 回復コンソールが終了します。

パスワードを設定していない場合には空白のまま次に進んでください。

コマンドの1つである fixmbr と入力してEnterキーを押します。

C:\WINDOWS>fixmbr
「新しいMBRを書き込みますか?」と表示されたら「Y」キーを押してエンターキーを押します。

**警告** このコンピュータに、非標準または無効なブートレコードがある可能性があります。
続行すると、FIXMBRパーティション テーブルが壊れる可能性があります。

現在のハード ディスクのすべてのパーティションにアクセスできなくなる可能性があります。
ハードディスクドライブのアクセスで問題ないときは、続行しないでください。

新しい MBR を書き込みますか? y
「新しいブートレコードは正しく書き込まれました。」と表示されれば完了です。
\Device\Harddisk0
物理ドライブ上にマスタブートレコードを書き込んでます。

新しいブートレコードは正しく書き込まれました。
C:\WINDOWS>

次にブートセクタの修復をします。
C:\WINDOWS>fixboot
「新しいブートセクタをパーティション C: に書き込みますか?」と表示されたら「Y」キーを押してエンターキーを押します。

「新しいブートセクタは正しく書き込まれました。」と表示されれば完了です。
最後に「chkdsk」(チェックディスク)を行います。

C:\WINDOWS>chkdsk
終了したら完了です。

 

パソコンを再起動してください。

以上が回復コンソールを使っての「DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER」エラーの復元です。

大変、面倒な作業です。自分で行うことができない場合、自信がない場合にはデータ復元業者に相談してみるとよいでしょう。万が一、操作を間違ってしまった場合、2度とデータが復元できなくなる可能性も否定できないからです。

そのため、普段からコマンド入力に慣れている人やデータのバックアップを普段から行っており、データが消失しても問題ない人だけにオススメします。