ntldr is missingNTLDR is missing
Press CTRL+ALT+DEL to restart
と表示されるエラーメッセージの意味は何でしょうか?また、その場合の対処方法について


NTLDRというWindowsNT系で使用されている標準のブートローダが何らかの理由で見当たらないため、キーボードの「CTRL」「ALT」「DELETE」ボタンを押して、WINDOWSシステムを再起動させてくださいというメッセージです。

まれにWINDOWSシステムを再起動させると何事もなかったように起動することがあるので、試しに1度はキーボードの「CTRL」「ALT」「DELETE」ボタンを同時に押して再起動してみてください。

なお通常はWINDOWSのシステムを起動させるのに必要なブートローダが壊れているため、再起動することはできません。

再起動しても症状が変らない場合

再起動しても症状が変らない場合には、まずハードディスクに物理的な障害が発生していないかどうか確認をする必要があります。パソコンの本体から内蔵ハードディスク(HDD)を取り外し、ハードディスクの外付けUSBにつないで、正常なパソコンにつないでみましょう。

ハードディスクから異音が発生していたり、モーターが廻っていないなどの物理的な障害がなければ、ハードディスクを認識します。

但し、ハードディスクに物理的な障害が発生していなくても、論理的に障害が発生している場合、パーテーションが消失していることがあるため「マイコンピューター」には表示されません。

「マイコンピューター」に表示されない場合、「コンピューターの管理」画面にて、ハードディスクを認識しているかどうか確認してください。

ハードディスクを認識している場合、「マイコンピューター」に表示されない場合でも、データ復元業者でデータが復元できる可能性があります。

データ復元サービスの物理障害費用は30万円以上かかるケースが普通です。あなたは高額費用を支払って損をするつもりですか

既にデータ復元サービスを業者に依頼してしまった人は見ないでください。きっと後悔してしまうので・・・今、人気のデータ復旧業者はどこなの?

データ復元ソフトを使用する場合、ソフトのインストールは行わないで、復元できるものを使いましょう。間違って、障害ハードディスクにインストールした場合、二度とデータは復元できなくなります。

尚、物理的な障害が発生している場合、データ復元ソフトでは復元できません。速やかにデータ復元業者に相談するほうが良いでしょう。

また「マイコンピューター」に正常に表示され、ハードディスクの中身がみれる場合、「NTLDR is missing」 とエラーメッセージが表示されるのは下記のファイルに異常が発生している可能性があります。

通常はCドライブの C:\直下に格納されいるファイルです。
「ntldr」
「bootfont.bin」
「boot.ini」
「NTDETECT.COM」

まずは、上記ファイルがあるかどうかを確認します。

通常、WINDOWSでは上記のシステムファイルは見れないようになっているので、まずは表示されるようにする必要があります。

「ツール」-「フォルダオプション」-「表示」にて、「システムフォルダの内容を表示する」、「すべてのファイルとフォルダを表示する」の2つにチェックをいれます。そして、「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない(推奨)のチェックを外しして、「適用」、「OK」をクリックします。

4つとも正常にあるかどうかをご確認ください。

但し、4つのファイルがあっても、1つでも破損している場合には、「NTLDR is missing」とエラーメッセージが表示されます。

NTLDR is missingと表示される場合の対処方法

(1) 同じOSの正常なパソコンがある場合

同じOSの正常なパソコンの「ntldr」、「bootfont.bin」、「boot.ini」、「NTDETECT.COM」の4つのファイルをコピーして、障害ハードディスクのCドライブ直下に貼り付ける。この場合、OSが違うと正常に動作しませんので、必ず同じOSで行いましょう。また、通常はデフォルトでCドライブですが、任意のドライブにしている場合には、OSが入っているドライブにコピー貼り付けを行います。

(2) 同じOSの正常なパソコンがない場合

Microsoft WindowsのOSインストールCDを準備して、「回復コンソール」にて、正常なファイルを障害ハードディスクにコピーします。

「回復コンソール」を使用した手順

パソコンのBIOSの設定画面にてCD-ROMドライブを第1BOOTに設定します。通常、メーカー製のパソコンの場合、BIOS表示のさせ方はマニュアルに記載がありますので、そちらを確認ください。BIOSの表示のさせ方が分からない場合、通常、キーボードの「Deleteキー」、または「F5」などで表示されます。

パソコン本体の電源を入れて、キーボードの「Deleteキー」、または「F5」を押し続けてみてください。タイミングが悪いと、BIOS設定画面を越えてしまい表示されませんので、電源ボタンを押したら、すぐに押し続けてみましょう。

尚、メーカー製のパソコンの場合、通常はファーストブートはCD-ROMドライブになっているため、変更する必要はありません。自分で、設定を変えた場合などにBIOS設定画面にて、ファーストブートをCD-ROMドライブにする必要があります。

次にMicrosoft WindowsOSのインストールCDを入れて再起動させます。
Windowsの再セットアップが開始され、「セットアップの開始」画面が表示されます。
「Enter=続行」、「R=修復」、「F3=終了」が、画面下に表示されますので、「R=修復」で、「回復コンソール」を使用するため、キーボードの「Rキー」を押して、「回復コンソール」を起動させます。

C:\WINDOWS
どのWindows インストールにログオンしますか?(取り消すにはEnterキーを押してください)_
という画面が表示されますので、点滅しているアンダーバーの箇所に1を入れキーボードの「Enterキー」を押します。

Adminstratorのパスワードを入力してください。******
という画面でパスワードを入力し「Enterキー」を押します。
特にパスワードを設定していない場合には、何も入力せずに「Enterキー」を押します。

C:\WINDOWS>_
という画面になります。
つぎに以下文字をキーボードで入力してください。

尚、下記の表示はCD-ROMドライブがDドライブの場合です。Dドライブ以外となっている場合には、該当イニシャルに置き換えてください。

(1)ntldrファイルのコピー

C:\>copy D:\i386\ntldr
障害ハードディスクにntldrファイルがある場合、上書きしますか?と聞かれるので「YES」を選択します。
そしてEnterキーを押します。

(2)bootfont.binファイルのコピー

C:\copy D:\i386\bootfont.bin
障害ハードディスクにbootfont.binファイルがある場合、上書きしますか?と聞かれるので「YES」を選択します。そしてEnterキーを押します。

(3)boot.iniファイルのコピー

C:\WINDOWS>cd …
C:\>copy D:\i386\boot.ini
障害ハードディスクにboot.iniファイルがある場合、上書きしますか?と聞かれるので「YES」を選択します。そしてEnterキーを押します。

(4)NTDETECT.COMファイルのコピー

C:\>copy D:\i386\NTDETECT.COM
障害ハードディスクにNTDETECT.COMファイルがある場合、上書きしますか?と聞かれるので「YES」を選択します。そしてEnterキーを押します。
以上で、コピーは終了です。

C:\>exit
とキーボードにてexitと入力し、パソコンを再起動させ、ファイルを正常に読み込ませます。

尚、CD-ROMを入れっぱなしで、再起動した場合、Windowsの再セットアップが再度開始されてしまうのでCD-ROMを必ず、取り外してください。

また再起動時、ファーストブートを変更する場合、BIOS設定画面にて、ファーストブートをHDDにしてから再起動させます。